手作り

飲む育毛剤ってなに?

育毛剤の種類について説明をするのであれば、まずは頭皮に直接塗る物やスプレーとしてかける物が一般的になっています。
これらの育毛剤であれば市販でも多く販売されていますし、薄毛が気になり始めた人であっても凄く馴染みのある対処法として挙げられます。
しかし、現在では決してこのような育毛剤だけではなく、飲むことによって薄毛を改善していく育毛剤も実在しているのです。

その事から頭皮に直接使う育毛剤とどう違うのか、飲む育毛剤とは何なのか、と言う事について説明を進めていきます。
基本的に薄毛が気になっている原因には、頭皮に皮脂が詰まってしまって育毛効果が妨げられている、と思っている人が多いかもしれません。
この事が薄毛に繋がる事は確かにあり得るかもしれませんが、最近ではより科学的に実証されている原因が有るのです。

それが男性型脱毛症と言う原因であり、これは実際に病気の一種としても取り上げられています。
近年ではテレビCMでもこの男性型脱毛症の事が話題になっているのですが、薄毛や抜毛が気になる男性であれば、これが原因と考える方が賢明なのです。
男性型脱毛症とは具体的に男性ホルモンが大きく関与しているのですが、男性ホルモン内の一種であるテストステロンがその原因の発端となります。

テストステロンが酵素と結びつく事によってジヒドロテストステロンと言う物質を生み出すのですが、このジヒドロテストステロンには脱毛作用を持っています。
その事からジヒドロテストステロンが多く生成されればされる程、薄毛や抜毛問題を深刻化させてしまうのです。
このジヒドロテストステロンを作らないようにするのが飲む育毛剤の役割であり、テストステロンと酵素が結びつく働きを抑制してくれます。
特にノコギリヤシやイソフラボンが飲む育毛剤の代表的な物なのですが、これらであればサプリメントとして摂取する事も可能なのです。
飲む育毛剤とはこの事から、男性型脱毛症を深刻化させないためのアイテムであり、実際には酵素の働きを抑制する事によって脱毛作用のある男性ホルモンを生成しないようにする事が出来るのです。
育毛剤の利用には育毛シャンプーの併用が推奨されていますが、その理由をご存知ですか?
理由はこちらhttp://www.fixsoil.com/kanke.htmlにかかれていますのでご覧ください。

Copyright© 2011 髪の毛を健康にする方法 All Rights Reserved.